プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

はじめまして♪
店長はじめ、スタッフが毎日いろいろとお店の情報を
ご紹介していきますのでよろしくです(*^_^*)

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年10月 | メイン | 2011年1月 »

2010年11月

2010年11月17日 (水)

11月18日 ボージョレーヌーヴォーー解禁♪


2010年ボジョレーヌーボー 11月18日解禁note

ヴィラージュヌーヴォー・ロゼ

ボトル ¥fourzerozerozero
グラス ¥fivezerozero

アルベール・ビショー
     ×
【押切もえ】コラボレーションup

メルシャン ワインアンバサダー押切もえさんがラベルを監修して頂きましたsign01
伝統あるワインにピンクの花とハートがモチーフの都会的でキラキラ感のあるラベルをまとったお姫様のようなワインに出来上がりました。

ボジョレー・ヌーボーとは(ボージョレー・ヌーヴォーとは)?

ボジョレー・ヌーボーとは、フランスのボジョレー地区で作られたワインのうち、その年のガメ種(またはガメイ種)のぶどうで作られ、11月の第3木曜日に販売や飲用が解禁される新酒のことをさします。

2009年のボジョレーヌーボーの解禁日は11月19日(木曜日)ですね。

このボジョレー・ヌーボーという名称はある条件を満たしたワインの新酒にしか使えません。下記にて詳しくご説明しています。

ボジョレー地区は、ボルドーと並ぶワインの産地、ブルゴーニュにあります。
(ちなみに、このブルゴーニュには、ボジョレー地区の他に、ロマネコンティを擁するコート・ドール地区や、白ワインの別名とも称されるシャブリ地区をはじめ名だたる名産地があります。)


ボジョレー・ヌーボーの特徴
1.
ヌーボーとは ヌーボーとは(nouveau)、新しいもの、新しいことをさします。
つまりボジョレー・ヌーボーとは、ボジョレー地区で作られたその年の新酒のことです。厳密には生産地や原料、そして製造法も限定された新酒のみがボジョレーヌーボーと呼ばれます。
なお、新酒のことは、プリムール(primeur)とも称されます。
2.
ボジョレー・ヌーボーという名称が許されるワイン [原料と製法が違う]
ボジョレー・ヌーボーとは、フランスのブルゴーニュ地方にあるボジョレー地区で生産されたワインのうち、その年に収穫されたガメ種またはガメイ種と呼ばれる品種のぶどうを用いてマセラシオン・カルボニックという発酵法により短期間で製造されたワインにです。

通常、ワインを製造する際には、葡萄を破砕して圧搾し、発酵させますが、こ製法の場合には、ぶどうをつぶさずにそのまま発酵タンクに入れ密閉して自然発酵させます。

タンク中の下の方の果実がつぶされて自然に発酵し、炭酸ガスがタンクに充満すると、残った葡萄は酸素が無い状態で酵素によるアルコール生成がおこります。

現在では、そのままの形のぶどうをタンクに入れ、最初から炭酸ガスの必要量 を満たす のに十分な量の発酵もろみをタンク内に注入し炭酸ガスを発生させて、酸素と置換した状態で葡萄の果 実中の酵素によるアルコールを生成させることも多くなっているようです。

その後、圧縮して通常のアルコール発酵をさせるため短期間で製造できるだけでなく、独特のあざやかな美しい色合いと、香しい香りの、飲みやすいワインができます。

ボジョレー・ヌーボーは、毎年、各国の現地時間で11月の第3木曜日の深夜(午前0時)をもって飲用・販売が解禁されます。

ちなみに、ボジョレー・ヌーボーとは「ガメ種またはガメイ種」を原料とした新酒であり、基本的には赤ワインに限られます。シャルドネ種を原料とする白ワインにはボジョレー・ヌーボーという名称は許されません。

3.
ボジョレー・ヌーボーの飲み方 (1)新しいほうがおいしい
普通の製法で作られたワインは、寝かせておくことでまろやかになり、深みを増し、よりボディーのある、飲みごたえのあるワインへと熟成してゆきます。
ヴィンテージものの高級ワインの中には、こうして年を経ることでさらに高価になっていくものもあります。

これに対し、ボージョレーヌーボーは、新酒の状態を楽しむためのワインです。翌年まで寝かせるなど論外です。新しいうちに飲みきりましょう。

(2)ワインの提供温度
ふつう、赤ワインは常温で飲用されることが多いのですが、ボジョレー・ヌーヴォーの場合は、同じ赤ワインでも例えば少し冷やしたほうが独特の清涼感や爽やかな香りがきわだちます。
(フルボディと言われる高級ワインの赤は、ボルドーの赤が16~18度、ブルゴーニュの赤が14~16度が適温と言われるように、やや高めの温度が最も美味しいと言われています)

(3)デキャンタージュは必要なし
栓をあけたワインを、専用のデキャンターという容器に移して酸素にふれさせることをデキャンタージュと言います。
下記のようなデキャンタージュは、ボジョレー・ヌーボーには必要ありません。

●デキャンタージュの目的
・澱を取り除く。
・開栓したワインの酸化を促し、 覚醒させる。
・飲用に適した温度に引き上げる
・デモンストレーション効果 。
・ 澱や不溶解物がはいらぬ よう、上澄みを慎重にデキャンタに移し取る

4.
ボジョレー・ヌーボーと料理 ボジョレー・ヌーボーが解禁になると、期間限定でレストランのメニューにも登場します。手頃な価格で楽しむことができます。
ビンテージものの赤ワインは、牛肉料理などの濃厚な味わいの料理との相性が良いのですが、ボジョレー・ヌーボーの味わいは全く別 物です。口当たりが良く、柔らかいのでパスタや魚料理、魚介のサラダ、鍋物などにも合います。
レストランだけでなく、ご自宅で味わう場合の献立のヒントになさってください。

2010年11月16日 (火)

忘新年会に~ なごみコース


和みコース ぐるなびクーポン利用! 飲み放題付き¥5000

品数10品 ボリューム満点♪ なごみ

【先付け】 季節の手作り豆冨
【お造り】 本日鮮魚三品盛り合わせ
【サラダ】 魚介と海草の生湯葉サラダ
【中 皿】 牡蠣と帆立の男爵焼き
【強 肴】 ずわい蟹の出巻玉子
【強 肴】 スペアリブの黒胡椒焼き
【盛 皿】 あんこうの香味揚げ
【蒸 物】 風呂吹き大根~柚子味噌餡かけ
【御食事】 鰻のひつまぶし
【水菓子】 葛餅杏仁豆腐~ダージリンの紅茶のソースで~


御予約は042-524-2211 香家~kouya~立川店まで

2010年11月 9日 (火)

11月スタートの十五穀米とコラーゲンの鍋コース


美人鍋~有機野菜と観音池豚の十五穀米とコラーゲン出汁で~

今冬からスタートした女性に人気の美人鍋コースです。

観音池豚とは?
↓↓↓
低カロリー・低コレステロール・ダイエット効果の高いたくぱく質・ミネラル・ビタミンか豊富。 ... 当店のクリーンポークは一般の豚肉とは違い、抗生物質、ホルモン剤等は一切使用せず、厳重な衛生管理、より良い環境で育成された無菌豚です。

美人鍋とは?
↓↓↓
有機野菜をふんだんに使った農薬や化学肥料を一切使用せず、堆肥などによって土づくりを行った水田や畑で栽培された農産物であり温かいぬくもりを感じさせる職人のプロが作った家庭的高級ヘルシー鍋です~

十五穀米は何があるかというと?
↓↓↓
発芽玄米、緑米、紫米、押麦、赤米、胚芽押麦、丸麦、もちきび、ひえ、もちあわ、はと麦、発芽赤米、焼き玄米、アマランサス、麻の実ナッツ

【先附け】 手作り豆腐

【造 里】 鮮魚の3品盛り合わせ
   
【焼 物】 海老と帆立の殻焼き
     
【 鍋 】 十五穀米のコラーゲン出汁
      ~有機栽培野菜15種盛り~ 
       観音池豚ロース・バラ肉

【食 事】 雑炊又はうどん

【水菓子】 葛餅杏仁豆腐 ~紅茶のソースで~


※日~木限定で飲み放題を1時間無料サービスさせて頂きます!
 【2時間⇒3時間】※11月末まで!!

2010年11月 6日 (土)

店長おすすめ 忘年会コース 飲み放題付き¥5000

寒くなってきて忘年会の季節になって来ましたね

香家 立川店では11月から始まる忘年会コースの内容を御紹介致します。

2年目になり料理の内容もグレードUPしてますます皆様のおかげで多数の

支持を頂いております。

従業員一同 更に精進しより良いサービス、店作りを継続していくつもりで

すので今後も香家~kouya~立川北口店を末永く宜しくお願い致します。


【先付け】 あん肝豆乳豆腐

【造 里】 寒平目の薄造里~自家製出汁ポン酢で~

【大 皿】 霜降り和牛の杉板焼き~黒トリュフの香りを付けて~
      
大海老の岩塩炭火焼き

【煮 物】 寒ブリ大根の揚げ卸し~旬の木野子の餡かけで

【揚げ物】 ずわい蟹と旬野菜の天婦羅

【御食事】 海鮮バラちらし鮨

【水菓子】 苺のレアチーズ ベリーソースを掛けて

  飲放題付特価5,000円
   料理のみ4,800円
プレミアム飲放5,500円.

TEL  042-524-2211

〒190-0012

東京都立川市曙町2-7-20MAビル 3F

香家~kouya~立川北口店

香家 ‐kouya‐ 立川店 のサービス一覧

香家 ‐kouya‐ 立川店